水素水について詳しく紹介

爆発的なブームになりつつある水素水ですが、まだ水素の持っているパワーが分からないだとか、何がすごいの?といった疑問。
更に、どういった効果があるのかとか、一体なんなの?などの疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

ここでは、話題になり、すでに爆発的なブームになりつつある水素水について詳しく紹介していきましょう。

水素水って?

topgazou1

そもそも水素水ってなんなの?という疑問を持っている方も未だに多いのが現実です。
芸能人などが愛用していることで、水素水というワードは知っているけれど、実際どんなものなのかは分からないというケースです。

水素水は簡単に言ってしまうと、水素分子が溶けている水と考えて下さい。
でも、水ってそもそもH2Oって化学式だし、水素は入っているはずじゃないかなんて思う方もいらっしゃることでしょう。

厳密にいえばH2Oの中に水素原子であるHが結合して出来る水素分子であるH2が豊富に含まれている水のことを水素水と呼んでいるのです。

更に詳しく言えば、水素イオンと呼ばれるH+と水素分子イオンと呼ばれるH2+。
更に活性水素が含まれているお水が水素水になります。

世界中で研究が進んでいる

水素水は、ダイエットなどでありがちな海外セレブなどの有名人が広めた効果があるのかないのか分からないようなものではありません。
日本医学大学で教授をしている太田成男氏が2007年に医学誌に論文を発表し、世界中の科学者や医療従事者が研究を始めた確かなものです。

きちんとしたバックグラウンドがある研究ですし、実際に飲用されている方の多くが復数の健康効果を実感しているのです。
よく健康食品やダイエット関連商品などにありがちな、何の科学的根拠もないエセ商品ではなく、医学や生理学の観点から、しっかりと証明されているものなのです。

便乗したエセ商品もあるので注意

topgazou2

ただし、こういったものが出てくると、それに便乗して暴利を貪ろうとする悪徳業者が出てくるのは、いつの時代でも変わりません。
ですから、水素水と謳っているだけで、何の根拠もなく、数値的な条件をクリアしていないような水を高い価格で販売しているようなものもありますから、注意が必要です。

こういったものは、どのような商品やサービスにもあり得る話なのですが、水素水など特に情報がまだまだ少ないようなものや、現在進行形で研究中といったようなものの場合には、しっかりと情報収集し、精査することが大事になってきます。

水素水で得られる効果は?

水素水は高い抗酸化作用を持っています。
これこそが水素水がここまで話題になった所以です。
この還元力こそが、疲労回復やアンチエイジング、アレルギーや認知症などあわゆる悩みを解決してくれる要因になるのです。

抗酸化力以外の訳の分からないものをウリにしている水素水は、怪しいと考えましょう。

気になったら太田教授のホームページをチェック

前述にもある水素水の先駆者的な研究者である太田教授の学術機関がホームページを持っています。
ここには、水素水についての研究成果などがしっかりと発表されていますから、水素水商品が宣伝している文言の中で、本当なの?と思うようなものがあれば、このコンテンツを参考にして調べてみましょう。

もしもそんな情報が全く掲載されていなければ、水素水としては怪しい商品である可能性が高いと判断出来ます。

どんな水素水なら信用出来る?

topgazou3

では、逆にどういった水素水なら信用が出来るのでしょうか。
まずは、ちゃんと水素が含有されていること。
水素が入っているのか否かが最重要で、もしも入っていない、もしくは、抜けやすい容器に入っている。
製造から販売までの時間が掛かり過ぎるなどの水素水ならば、ただのミネラルウォーターと変わらない場合が多い。

また、数多くの水素水があるものの、「水素の質」などの違いはなく、違いは濃度の差や水素水を生成する前の元のミネラルウォーターの質の違いしかないということです。

こういった点を押さえておくと、「この水素水の水素は、他社の水素水の水素とは全然違います!」なんていうような宣伝で売り出している水素水が嘘っぱちだということに気がつけるはずです。
他にも、水素が宇宙一小さな分子であるにも関わらず、「弊社は抜けにくい水素なので時間を置いても大丈夫!」だとか、「絶対に水素が抜けない容器の開発に成功したため、保存期間は気になりません!」なんていうような宣伝文句を使っているところも、嘘をついている信用の出来ない会社だという判断が出来るのです。

topgazou4

まとめ

水素の情報に関しては、未だに研究段階であり、一般的に広まっている情報も、さまざまなものがある。
こういったプチブレイクをしている商品は、それに乗っかって暴利を得ようとする悪質業者も存在するということ。

それを見分けるためには、確かな学術機関が発表しているウォーターサーバー安いと書かれたホームページを訪れて、その宣伝文句などが本当に記述されているのかを確かめて判断するべきです。

Copyright© 2010 ウォーターサーバー選びはコスパを重視しよう All Rights Reserved.