女性に好かれる返信の仕方

女性とメールをしているとします。
相手の女性はOLで、例えば「今日は仕事がすごくたくさんあって、つかれた」というようなメールが来たとします。
このとき、あなたはどのような文章を返信するでしょうか?
なかには「そうなんだ、大変だったんだね」のようなメールを返信する人もいるかもしれません。
もしくは「そうなんだ、こっちも聞いてよ、実はさ、…」という感じで、相手の内容はきりあげて、自分の話をしようとする人もいるかもしれません。
このいずれも共通をしていることですが、異性には好印象を持ってもらえないメールの代表です。
話がそこで終ってしまう、相手の女性の内容を軽視しているというのは、異性とのメールのやり取りをするときに一番やってはいけないパターンです。
「疲れた」ということに対して、何らかのリアクションを加えることが重要です。
例えば、ここで疑問形を入れてみるという方法もあります。
「疲れた」に対して、「大変そうだね、最近そんなに仕事が忙しいの?」という感じで聞いてあげると、女性はその話にこたえる形で、さらにいろいろな話をしてくれるかもしれません。
もしくは、気づかいをしてあげるというのも、女性からの好感度をアップさせるメールという意味では有効でしょう。
「疲れた」というメールに対して「無理しないでね」とか「がんばりすぎて身体壊したら意味ないからね」といった感じで、女性のことを気遣ってあげるメールを送ってみましょう。
つかれて、何か癒しを求めて、女性はあなたにメールを送っているはずです。
そのようなときに、心づかいが分かるメールを受け取れば、何よりの励みになります。
場合によっては、心がほっこりと温まるような感覚を相手が覚えて送れるかもしれません。
そうすれば「また何かあったらこの人にメールを送ればいいんだ」と思ってもらえるかもしれません。
このようなちょっとしたメールの工夫で、相手との距離が一気に縮まることもあるわけです。

タブーメールの例

メールを打っている人、特に男性の中には、自分本位なメールを送っている人も多いようです。
しかしこれでは、いつまでたっても女性からモテるのは難しいでしょう。
そもそもメールというのは、相手に読んでもらってナンボのものです。
ということは、女性がメールを読んで「楽しい!」と思わせるようなメールを打つことが重要なのです。
そこで特にNGなのは、いわゆる日記帳のメールです。
「今日こんな人と出会って、こんなことがあって…」とグダグダ書かれても、女性は困ってしまいます。
あなたがそのようなメールを受けた場合のことをイメージしてみましょう。
どうやって返信を打てばいいか、困ってしまうのではないでしょうか?
なかには「メールに書く内容がないので、仕方なく日記みたいなメールを打っている」という人もいるかもしれません。
その場合には、リアクションがしやすいように、例えば、写メールを使って、相手に状況がイメージできるようなメールに工夫をしてあげることです。
女性の中には、デコメなどを活用して、長文のメールを送ってくることがあります。
しかしこれを男性がやってどうなるかというと、多分悪い結果が出てしまう可能性の方が高いのではないかと思われます。
長文のメールを男性が作成をすると、女っぽいということになって、あまりいい印象をもたれない可能性が高いからです。
男性のメールの場合には、短文でさっぱりとしていた内容の方が、むしろ女性からは好まれる傾向があります。
しかし短文で、味気ない文章だと、少しさびしい感じになってしまうかもしれません。
そこで活用をしたいのは、絵文字や顔文字です。
文章のアクセントになるようなところに顔文字や絵文字をさりげなく加えることで、短文でも華やかな見た目にすることができるようになります。
絵文字や顔文字を男が入れるのは…と思っている人もいるかもしれません。
もちろんやりすぎはひかれる可能性がありますが、適度に入れるのは、むしろ歓迎される可能性が高いです。

57-記事No.7:出会い系サイトから出る

出会い系サイトをはじめて、何度か女性とコミュニケーションを交わしたら(サクラは除きます)、次は“外”に出てみましょう。
外とは、出会い系サイトを退会するという意味ではありません。
実際に出会うという意味です。
セフレサイトを“内”と反対する言葉です。
サイト内といった言葉からも、出会い系サイトがサイト内で完結しないことが分かります。
外に出るためには、携帯やパソコンの連絡先(サイト内で使用しているメール機能以外)が必要になります。
ですから、外に出たいと思った場合は、サイト内で、聞き出さなければなりません。
聞き出すといっても、簡単ではありません。
いくつか条件があります。

まず、ファーストメール(こちらから女性に送るメール)では、絶対に聞いてはいけません。
詳しくは、「メールを送る」で紹介したため、ここでは詳しくは紹介しませんが、女性はサイトに係る事件・事故に対して非常に敏感です。
近年、マスメディアで取り上げられている事件・事故では、女性が被害者だったからです。
ですから、いくら出会い目的だとしても、いきなり連絡先を聞き出せば、不信感、さらには、恐怖感を与えてしまいます。
また、出会い系サイトを利用している会員男女比は8:2と言われています。
つまり、女性は男性を選ぶ立場にいます。

まとめると、はじめて送るメールでは絶対に連絡先を聞き出さないこと。
せっかくつかもうとしているチャンスを、つぶしてしまう恐れがあるからです。
何度か連絡を交わしている最中、話の内容に従って連絡先を聞き出すことが可能であれば挑戦してください。
むしろ、聞き出すために、話をリードする必要があります。
あくまでも女性があなたに抱く信頼を損なわず、むしろ、信頼を厚くするような話をしたうえで、連絡先を聞き出してください。
サイト内での信頼関係は、出会った後にも大きく働くからです。

旦那とママ友が・・

やっと幼稚園へ行き始めた我が子。
幼稚園デビューはドキドキでした。
私の子供が通っている幼稚園では月に1回は保護者会があります。
なるべく両親で出席というようになっています。
ここで仲良くなったママやパパもいます。
仲良くなってからはランチに行ったり、遊びに行ったりするようにもなりました。
私の仲良しのママ友は3人です。
旦那はすごく人見知りしないタイプでとにかく社交的です。
保護者会に行っても、すぐにいろいろな人と仲良くなってアドレス交換しています。
飲み会もしていて、旦那はひとりで参加しています。
私は子供もいるし、何よりもお酒がすごく弱いので家で待っているだけです。
基本的にはパパ友会のような感じなのですが、その飲み会で仲良くなったパパ友のママとも自然に仲良くなります。
ですからママ友の数も、私よりもはるかに多いです。
先日、旦那はまた飲み会でした。
本当は仲良しのパパ友とそのママと行く予定だったそうです。
しかし、パパ友が接待で行けなくなってしまったんです。
普通は中止になると思います。
しかし、結局二人で飲みに行くということになったそうです。
しかも、開始が6時半で帰ってきたのが1時頃です。
そんな長時間よく飲めるな・・・と思いつつも二人でこれだけの時間何を話しているのかも気になりました。
子供と旦那はそのママと仲良しなのですが、私はどうも波長が会いません。
幼稚園の・・・というのがあるので、まず間違いはないと思います。
しかし、これってどうなの??という感じがしてなりません。
向こうの旦那も気にならないのか・・・と思ってしまいます。
旦那を信じていて、奥さんを信じているということなのでしょうか。
しかし、何があるかもわからないので、二人で飲みに行くというのはやめたほうが良いと思います。
嫉妬していると言われそうですが、ただでさえ幼稚園もおなじなんだから・・・と思ってしまいます。
しかも、近所で飲んでいるわけですし・・・。
何があったのかはわかりませんが、頻繁に・・・となると困りますね。

ガードが堅い女性攻略法

自分の興味のあることに誘ったとしても、ガードの固い女子というのはなかなか応じてくれないことが考えられます。
ガードの固い女子の場合、いかにおもてなしをすることができるかということがより良い関係を築いていく上でとても重要になってきますから、この点については良く心得ておきましょう。
女性というのはやはり誰でもお姫様願望を持っているものです。
そのお姫様願望をくすぐることができればいくらガードの固い女子でも苦無く口説いていくことができるでしょう。
ガードの固い女子を誘い出す場合には、どのようなことに興味があるのかということをリサーチしておくことが重要です。
プライベートでどのようなことに興味があるのかなどといったことを知っておくことで、誘い出す口実の幅というのはぐっと広がってくることでしょう。
やはり自分の興味のあることに関してお誘いをしてもらうことができれば、いくらガードの固い女子であっても食いついてこないわけがありません。
自分から誘うどころかむしろ女子のほうから寄ってくるというようなこともあるでしょうから、その辺りを上手く行っていくことができるようにしてください。
誘いやすい口実としては、やはり女性がファンであるアーティストなどについて話をもちかけてみると良いでしょう。
コンサートのチケットが取れたのだけれど良かったら、といった誘い方をすればきっと食いついてくることは間違いありません。
二人でコンサートとなるといかにもデートな印象を与えてしまうかもしれませんが、やはり自分が好きなものであれば、ガードの固い女子といえど警戒心は薄くなることでしょう。
その場合あくまでも自分はおまけとなってしまいますが、ガードの固い女子との関係を築いていく場合にはまずは誘い出すということが重要です。
口実がどうであれ一度誘い出すことに成功すれば突破口を築くことができますので、ぜひともこれを皮切りに親しくなっていくことができるようにしてください。

異性に好感を与える絵文字

絵文字に対して、男性と女性とでは、受け取る感覚というのが微妙に違っていることもあるようです。
よくその代表例として紹介されるのが、「ハートの絵文字」です。
ハートの絵文字は、女性のメールを見てみると、けっこう頻繁にはいっています。
女性がハートの絵文字を使うのは、ただ単にかわいいと思うので、文章の中に入れてみようと思うことが多いようです。
確かに今のケータイのハートの絵文字や、赤やピンクの色になっていて、かわいらしいのが中心ではあります。
ところが、男性は女性が何気なく打った「ハートの絵文字」を重大な意味が込められていると勘違いしてしまうことが多いのです。
ハートというと、恋愛感情などに連想されるマークでもあります。
そこで、女性から自分宛てにハートの絵文字のはいったメールを受け取ることで「相手が自分に対して好意を持っている」という風に思いこんでしまうのです。
「ハートの絵文字なんて、どこにでもあるじゃない」と思う女性もいるでしょう。
しかし勘違いをしてしまう男性はけっこう多いということは、頭の中に入れておくべきです。
逆にいえば、もし気になる男性がいたとして、その人にメールを送る場合には、あえて、ハートの絵文字を入れてみるという方法もあります。
そうすることで、相手の男性に自分のことを異性として意識させるように仕向けるという方法もあります。
また男性に対してメールを送る場合に、絵文字は絵文字でも一見して意味のよくわからない絵文字を活用してみるというのも有効だったりします。
今のケータイを見てみると、意味不明な絵文字が多いです。
エイリアンとか、なまはげといった絵文字を用意している携帯電話のキャリアもあるようで、一見するとどこで使えばいいのかよくわからない絵文字もあります。
これをあえて、メールの中で使ってみましょう。
そうすると、男性は「これはどういうことだろう?」ということに気になってしまって、あなたのことも気になって仕方がない存在になるかもしれません。

オタク女子を落としたい

恋愛が大好きなどんな女の子にも食いついちゃうような肉食系男子でも、なかなか攻略の難しい女子たちがいるんです。
まずは、アニメオタクの女子ですが、人間関係もやや苦手なのでガードの固い女子が多いようです。
それは多少なりともコンプレックスがあったりするのです。
そういう女子はいきなり馴れ馴れしく話しかけたりすると逃げられるのが落ちです。
そんなガードが固い女子を誘う方法としては、第一印象が大事でこの人は無理と思われてしまったら、終わりかもしれません。
このタイプの女子に話をしたいと思うのでであれば、せめてアニメを観たりする知識がないとダメでしょう。
特にオタク女子は知識が物凄い豊富なのが特徴で、少々の知識や話題では難しいと言われています。
ですから中途半端な形で知識を披露したりするのは逆に危険です。
こういう女子は、ガードが固い分、一度心を開いていくと自ら話をしてきます。
ですから自分の少ない知識をだしていくよりも、その女子に興味を持ち、相手の話をよく聞いていくほうがいいでしょう。
そして、ヤンデレ女子タイプでは、小さな頃から何かしら精神的なものを抱えた女子です。
この原因としては幼い頃の家庭の環境などでやむを得ずそういう病気になった人も多いでしょう。
幼い頃から習い事をいて友人と遊んだ経験がなかったり、勉強を中心に学生時代を過ごして小さなころからストレス発散する場所さえなかった女子たちも多くいます。
いろいろな家庭環境から、精神的な病気があることが多いのですが、自分で病気だとは分からずに、気分の浮き沈みが激しかったりします。
こういう場合も、オタク女子一緒の考え方でどんどんアタックしていくよりも、共通の話題などがないか考えてみて話を引き出していき聞いてあげることが良いようです。
仮に情緒不安定な状態であっても、同じように感情的にならないようにしましょう。
また、決めつけてしまうのも、逆効果ですからどんな感情にも対応が出来るように柔軟に対応するような気持ちが大切です。
決して性的な目的だけで、中途半端な恋愛を求めることは辞めて下さい。
心に傷を負っている子たちですから、恋愛の前に人として問題のある行動です。