Archive for the ‘水素水について’ Category

水素医療というジャンル

2016-06-29

水素水は、他の怪しげな民間療法などとは違い、しっかりとした研究がベースになって広まったものです。
水素医療というジャンルは確立しているものの、まだ保険適用の治療などまでは至っていないため、まだまだ民間療法の域を抜けていないのはそのためです。

しかしながら、現在では、多くの医師が治療の一つとして水素水を利用している状況です。
特に利用されているのが糖尿病を持っている方への治療です。

ここでは糖尿病と水素水について紹介していきましょう。

糖尿病とは

糖尿病の治療として、主に水素水は用いられており、実際に多くの医療期間でも、勧められている治療方法になります。
そもそも、糖尿病とはどんな病気なのでしょうか。

簡単にいえば、血糖値が上昇する病気です。
血中のブドウ糖濃度が上昇してしまい、尿中にまで排出されてしまうという病気になります。

主な症状としては、喉が乾くため大量に水を飲んでしまう。
結果として、頻繁に排尿をしてしまう。

この段階を超えると、昏睡状態にまで陥ります。
更に合併症が厄介です。
手足がしびれるといった神経障害が起こったり、失明の恐れもあり、アルツハイマーなども発症しやすくなってしまいます。

糖尿病のそれ自体は、そこまで深刻な症状がないので、甘く見えていると、このような合併症を引き起こすのです。

糖尿病の要因

糖尿病になってしまうのには理由があります。
まずは遺伝です。
これはどうしようもないことですが、それでも日々の食生活や生活習慣などを気をつけることによって発症を防ぐことも出来ます。

後は肥満や運動不足。
そして喫煙や飲酒などと言われていますから、こういった習慣を改善していくことで、発症を予防することが出来るのです。

治療方法としては、大抵の医師が食事療法と運動療法によって改善しようとします。
ひどい場合には、血糖降下薬という閉口薬が処方され、それでもダメならインスリン注射といった段階になるのです。

水素水が有効な理由

糖尿病が分かったところで、水素水がなぜ有効なのか。
細かな話をすると難しくなるので、簡単に説明しますが、要は血糖値の調整をしているインスリンの分泌量を高めてくれるのです。

インスリンはすい臓のある器官から分泌されるのですが、活性酸素が発生すると、それが弱ってしまう。
水素は活性酸素を除去してくれるので、有効だというわけです。

まとめ

実際の医療機関でも、水素水は糖尿病の治療として、積極的に採用されています。
メカニズムはインスリンを出しているすい臓の活性酸素を除去してくれ、インスリンの分泌を正常化することによって、血糖値を安定させることができるからです。

水素水と薬事法

2016-06-29

水素水は、医師なども実際に治療の一環として利用されているものですが、薬とはまだ認められていない状況です。
これは多くのサプリメントや健康食品などでもそうなのですが、いくら高い効果を挙げ、爆発的にヒットしている商品でも、簡単に薬とは認められないのが日本の国のルールです。

ここでは水素水と薬事法の規制について紹介をしていきましょう。

薬事法で表現を規制されている

いくら太田成男教授が世界的に評価されている研究者で、水素水の効果が実証されていても、薬品として許可されていない商品である場合、具体的な効能などを宣伝などで表記することは禁止されています。

これが薬事法と呼ばれるもので、例えばこのサプリメントを摂取すれば、肩こりがすっきりと治るといった具体的な部位を挙げて宣伝したり、糖尿病や成人病が治るといった表現も出来ません。

健康に良いとか、すっきりとした毎日が送れるという表現であれば、問題ないのですが、薬品として認められていない以上、具体的な表現が使えないのです。

水素水が疑われるのは薬事法も関連している

水素水は薬品ではありません。
あくまでも食品になりますから、例えば研究結果で糖尿病の改善データが存在し、実証されていたとしても、それを表記することは出来ないことになっているのです。

この薬事法の影響によって、水素水がイマイチ信用されておらず、他の劣悪な健康食品と一緒くたにされてしまっているのです。
これは研究段階のものと、薬品として許可をされるものとでは、厳密さなどが違ってきます。

成功データもより多く求められますし、更に厚生労働省などの第三者機関が徹底的に調査をして、始めて許可が下りるのです。
水素水は、数多くの研究結果が出されていますし、無限の可能性を秘めてはいるものの、まだ薬ではないので、明確な効果の表記が出来ないのです。

一部の食品は効能を明記出来る

薬品として認められている以外にも、一部の食品では、効果を表記しても良いということになっています。
それは食品衛生法によって認められているものです。

食品衛生法の中でも、特別なカテゴリーなのは、トクホと呼ばれる特定保健用食品。
そして機能性表示食品です。

しかしながら、審査や申請に巨額のコストが掛かるため、水素水はトクホにも機能性食品にも許可を取ることは目指さないようです。

まとめ

水素水がイマイチ眉唾ものと思われているのは、まだ薬品としては認められていないため。
薬事法によって、いくら研究結果が出ていても、特定の効果を表現出来ないことになっています。

無限の可能性を秘め、研究結果は出ているものの、審査が厳しくまだ研究段階のため、薬品としての申請を行う段階ではないと言われているのです。

水素水の取り組み

2016-06-29

水素水は、何も民間療法的に広がった眉唾ものの健康法ではありません。
しっかりとした水素医療というジャンルを確立しており、新しい医療のアプローチとして、第一人者である太田成男教授を筆頭に、さまざまな研究者が医療の分野に役立てようと研究している状況です。

ですから、ただのブームではなく、医師の間でも水素水が広がっています。
ここでは、生活習慣病に対しての水素水の取り組みについて紹介していきましょう。

個人クリニックの自由診療枠で

水素水の効果は、世界的にも有名なアメリカのネイチャー・メディシンに掲載され、世界中の医療関係者に衝撃を与えました。
この結果、世界中の医師が、治療に水素水を使い始めています。

ただ、まだまだ保険診療は適用されていない状況ですから、自由診療の枠で水素水を使っているようです。
例えば、糖尿病や動脈硬化。
心筋梗塞や脳梗塞、更にメタボリック症候群などの生活習慣病に対して用いられることが多いです。

水素は非常に小さな分子ですから、大きな臓器はもちろん、脳幹などの小さな器官も関係なく、全ての細胞に対してアプローチをしてくれるため、医師の間でも画期的な医療法と話題になっています。

水素水を飲むことで規則正しい生活を意識

水素水を購入するにも、生成して飲用するにも、自らの意思で行う必要があります。
つまり、美容目的であろうと、健康目的であろうと、当人の前向きな意思が不可欠です。

水素水を勧められ、始めることで、生活習慣病特有の飲酒や喫煙の習慣。
運動不足や暴飲暴食に関しても、改善をしようと前向きになる場合がありますから、自由診療の枠でも水素医療を勧めるドクターが多くなっているのです。

生活習慣病ばかりではない

生活習慣病ばかりではなく、現代病といわれている、現代人を悩ませているアレルギー症状の緩和や、成人病と呼ばれているものにも、良いアプローチをしてくれます。

ドクターの多くが水素医療を勧めるのは、まずドラッグストアなどでも、簡単に水素水を手に入れることができ、手軽に行える治療方法だからです。

コストも驚くほどに高いとは言えませんし、市販薬を定期的に購入していると思えば、とってもコストは安く済みます。

まとめ

水素水は、過去にあった健康法のように民間療法的に広がったものではなく、アカデミックな裏付けがある健康法です。
そのため、現在では、保険は適用されないものの、自由診療の枠で世界中のドクターが水素医療を行っている状況。

手軽さと何より現代人を悩ませている生活習慣病などに素晴らしいアプローチを行ってくれると医療分野でも話題になっています。

水素水の第一人者

2016-06-29

水素水ってなんだか胡散臭い。
有名人から一般人まで、沢山の方が飲用し、絶賛しているものであるにも関わらず、流行りモノは嫌いだとか、頭ごなしに信用出来ないなんてことを言う方は未だに存在していますね。

水素水は、れっきとしたアカデミックなもので裏打ちされた医学的な根拠のある健康食品(飲料)です。
こういった方のために、ここでは水素水の第一人者である太田成男教授について紹介していきましょう。

太田成男教授の経歴

水素水の第一人者と言われている太田成男教授は、1951年福島県生まれで、還暦を過ぎながらも第一線級で活躍されている医学者です。

東京大学理学部を経てから、東京大学大学院薬学系研究科の博士課程を修了。
これだけでも、太田教授が胡散臭い経歴の持ち主ではなく、れっきとした医学者であることが分かるでしょう。

現在は、日本医学大学大学院医学研究科の教授という肩書きです。

水素水だけではない

太田教授がそもそも医学会はもちろん世間に注目を浴びたのは水素水ではありません。
ミトコンドリア研究の第一人者として、世界中に衝撃を与えました。

認知症の改善に一役買ってくれるとして、ミトコンドリアが一躍注目を浴びたわけですが、そのミトコンドリアの研究過程で水素水が影響を与えるということで、水素水の研究も始めました。

そして、ミトコンドリアの効果も超越してしてしまうような驚くべき効果があることを知り、それを論文として発表し、再び世界中を驚かせることになったのです。

こういった様々な研究成果で世界中を驚かせ、太田教授の後にも世界中の研究者が水素についての研究を行っている状況ですから、決して怪しいものではないということが分かったことでしょう。

臨床論文がぞくぞくと発表されている

水素水の研究は、既に水素医学というジャンルになり、実際に多くの臨床研究が行われています。
それらの臨床論文もぞくぞくと発表されており、2016年3月の時点では、2型糖尿病、放射線治療の副作用の軽減。
慢性B型肝炎や慢性腎不全。
脳虚血や乳酸血症、静動脈改善といった19もの臨床論文が発表され、その効果の高さが実証されているのです。

まとめ

水素水は、水素医学という一つの医療ジャンルになっており、効果が本当に現れるのかどうか分からない眉唾なサプリメントや健康食品とは違うということです。

そしてその第一人者は、日本医学大学大学院医学研究科の太田成男教授であり、水素水のみならず、ミトコンドリア研究で実績を残している素晴らしい人物なのです。

水素水を使ったアンチエイジング方法

2016-06-29

水素水は高い抗酸化力を持っているとされています。
肉体の酸化が高いと起こってしまうのが、老化というもの。
ですから、健康食品の一環としても、スキンケア商品の一環としても水素水は活用されています。

ここでは、水素水を使ったアンチエイジング方法について紹介していきましょう。

鍵になっているのはミトコンドリア

アンチエイジングの重要な鍵はミトコンドリアと言われています。
人間の体には60兆個以上の細胞があり、その細胞の1つの中には、100から3000といった数のミトコンドリアが存在していると言われています。

活性酸素が発生すると、このミトコンドリアを強力な酸によって錆びつかせてしまうことになるのです。
このミトコンドリアを元気にするのが水素であり、活性酸素と結合して体外へと排出し、ミトコンドリアが錆びついてしまうのを防ぐ役割を担うのも水素なのです。

奇しくも、ミトコンドリアも水素水も、同じ太田成男教授が研究をし、発見しているものになります。

エステサロンで独自のアプローチも生まれている

とあるエステティックサロンでは、水素水を使ったスキンケア方法で、沢山の成果を挙げています。
ビタミンC液と水素水、更にはセラミドを使ったペーパーを使い、肌の気になるところを覆うといった方法なのですが、これが効果絶大。

くすみが消えたり、シワがなくなったといった方。
他にもアトピーの改善や、たるみやむくみが取れ、肌の透明感がでて、明るさがワントーンも増したなどという結果を出された方が、一人や二人ではなく、多く存在しており、一躍エステ界で話題になったのは言うまでもありません。

水素水は成果が早く出る

水素を使ったアプローチは、普通ならば長く通い続け、何度か施術を受けて効果が実感出来るその他のアプローチとは違い、たった1回だけの施術など、即効性があるということです。

更に副作用などがなく、例えば化粧品などの場合でも、その他の美容成分と合わせて使ってもバッティングなどをすることなく、応用範囲が広いということで、アンチエイジングの一つとしてエステティックサロンを始め、多くのジャンルで活用されているのです。

美容の分野では、それぞれが独自の工夫をして水素と他の美容成分を混ぜ、新しいアプローチを行っている状況であり、水素の抗酸化作用は、大きな発見だと絶賛されています。

まとめ

水素はその抗酸化作用の高さから、アンチエイジングの分野で重宝されています。
水素独自のパワーも然ることながら、応用力の高い水素と他の美容成分を合わせることにより、即効性のあるアンチエイジング方法がぞくぞくと生まれている状況です。

不治の難病にも水素水が有効?

2016-06-29

水素水が有効だと言われていますが、難病と言われるパーキンソン病にも有効であるとされているのは、ご存知でしょうか。
生活習慣病など、生活習慣を改善すれば改善できたり、他のサプリメントや健康食品などでも、十分に改善出来るようなものだけに有効だと勘違いしている方も未だに多いもの。

ここでは、不治の難病にも水素水が有効と題して、パーキンソン病治療に水素水が用いられている現状を報告しましょう。

パーキンソン病とは

パーキンソン病ってそもそも何?と思っている方もいらっしゃることでしょう。
パーキンソン病は、手が震えたり、動きが遅くなったり、体のバランスが悪くなり、歩行困難になったり、筋肉そのものが硬くなって萎縮してしまうなどの運動障害が出てきます。

他にも睡眠障害で眠れなくなったり、便秘や頻尿を引き起こす。
更に幻覚や妄想を見たり、認知障害が出るという恐ろしい病気です。

パーキンソン病は遺伝子が原因と言われていますが、その多くは未だに解明されておらず、治療方法も確立されていない難病です。
10万人に100人から150人がこの疾患を抱えていると言われており、主に50代から65歳のタイミングで発症するケースが多いと言われています。

パーキンソン病のメカニズム

パーキンソン病は、脳の黒質という部分にある神経細胞が減少してしまうことによって引き起こされます。

この神経が働く時には、ドーパミンという物質が出されるのですが、これも減少してしまうため起こるのです。
ドーパミンは、人間の運動の仕組みを調整するために必要な物質ですから、パーキンソン病に掛かってしまうと、自然と手が震えだしたりといった運動障害が主に見られるわけです。

パーキンソン病治療のパイオニアが治療に用いている

水素医療をパーキンソン病に用いている医療機関は多いですが、日本におけるこの疾患のパイオニア的存在と言われているのが、順天堂大学です。

順天堂大学の頼高朝子准教授が、水素水の濃度は1.6ppmで1日1リットルの量を実際の患者さんに与えたところ、効果がありという結果が出され、現在では、より規模を大きくした研究を行っている状況です。

このように、発症原因の多くが謎であり、治療方法も確立されていない難病と言われている疾患にも、水素水は有効だということです。

まとめ

水素水は、難病と言われるパーキンソン病の治療にも用いられており、日本のパーキンソン病治療のパイオニア的存在である順天堂大学でも実際に治療方法の一つとして用いられています。

放射線の害と水素水の関係

2016-06-29

水素水の中でも注目されている効果が、放射線の害に有効であるということです。
放射性物質といえば、特殊なエネルギーを持っているのは皆さんご存知のことでしょう。

ただし、漠然と怖いものというイメージがあるだけで、どのような影響を与えるのかは詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
ここでは、放射線の害と、水素水の関係について紹介していきましょう。

放射線って何が怖いの?

放射線は、前述にもある通り、特別なエネルギーを持っています。
歴史などの授業で、第二次対戦の際に原子爆弾を落とされ、そこで放射能や放射線というものを知ったりするのですが、ワードは知れても、どういったものかは分からない方が多いのではないでしょうか。

放射線を浴びることを被ばくするといいますが、簡単にいえば、体内に起こる重度の火傷のようなものと考えて下さい。
一般的な火傷の場合、皮膚の表面に水ぶくれが出来たり、ただれてしまうのですが、被ばくの場合には、内側から細胞レンベルで侵されてしまうことになるのです。

体内の細胞はもちろん、DNAまで破壊されてしまうため、当然、確実に死に至ってしまいます。

DNAが破壊されてしまうと…

前述にある通り、放射線を浴びても、表面上は、とくに変化がないという状態であることは珍しくありません。
しかしながら、体の中でDNAが破壊されてしまえば、細胞分裂をすることが一切出来なくなります。

DNAは細胞の設計図になりますから、それを失った細胞は、細胞分裂の仕方がわからなくなり、数日の内にどんどんと死んでいくことになります。

結果として、皮膚や粘膜。
更に血液などは、数日から数週間の内に死んでしまうことになり、死に至るわけです。

水素水が利用されている

放射線が細胞を破壊するのは、ヒドロキシルラジカルを大量発生させるからと言われています。
そこで注目されたのが、ヒドロキシルラジカルを排出してくれる水素水。

実際の医療現場でもすでに水素水は用いられており、抗がん目的での放射線治療の副作用を緩和する。
他にも宇宙などでの人体保護などにも使われているのです。

特にさまざまなメディアでも発信されているため、ご存知の方も多いですが、放射線治療の副作用の分野では、かなり重宝されているのです。

まとめ

言葉は知っていても、内容までは知らない放射線の害は、細胞が内側から破壊されること。
DNAが破壊されてしまえば、設計図を失った肉体は、ほんの数週間で死んでしまう。

その破壊の方法がヒドロキシルラジカルの発生で、これを排除してくれる水素水は、放射線治療の副作用緩和目的などで、すでに医療現場で利用されています。

老化と病気の根本的な原因

2016-06-29

水素水が注目された理由は、その高い抗酸化力があるからです。
抗酸化作用は、老化を防ぐ作用として注目されており、アンチエイジングの分野で活用出来ないかと利用してみたわけです。

最初の内は、コスメ業界などで話題になりましたが、よくよく調べてみると、病気などにも効力があるということで、一気に注目が集まるようになりました。

アンチエイジングに効果が高いと言われていますが、そもそも老化と病気の根本的な原因というのは、どのようなものなのでしょうか。

老化や病気の根本原因

老化や生活習慣病、成人病といったものの多くの要因となっているのは、活性酸素だと言われています。
水素は中学生や高校生で習うものですし、酸素も同様でしょうが、活性酸素というものは、学ぶことがなかったと思います。

この活性酸素は、人間が生命活動を行っていく以上、どうしても体内に発生してしまう副産物のようなものです。
ただ、悪いことばかりではなく、外敵から体を守るといった重要な役割も担っているのです。

老化の原因である活性酸素って?

活性酸素と一口で言っても、様々なものがあり、酸素が非常に反応が高くなったものの総称になります。
特徴の一つとしては、酸化力がかなり高く、その威力は、鉄や銅などが錆びついてしまうように、体内にあるさまざまな器官を同じように劣化させてしまうのです。

活性酸素と呼ばれるものとしては、ヒドロキシルラ過酸化水素。
一重項酸素、そしてスーパーオキシドラジカルが代表的です。

この中で知っているのは、理科の実験で作った経験があるであろう過酸化水素だけではないでしょうか。
これほどの活性酸素が存在しているのです。

善玉と悪玉がある活性酸素

活性酸素といえば、一昔前までは、その全てが老化や病気を引き起こす悪いものとされていました。
しかし、現在では、血管の形成や精子の生成をするためにも、活性酸素はなくてはならないものとされているのです。

細胞ばかりを破壊しているわけではなく、特にスーパーオキシドラジカルと過酸化水素は、酵素を作り出したりといった肉体に必要なアクションを担ってくれています。
これらを善玉活性酸素と呼んでおり、これらの酵素を水素は吸着しません。

悪玉の代表格がヒドロキシルラジカルであり、水素水は何も体の役に立たないこのヒドロキシルラジカルのみと結合し、体外へと排出してくれるのです。

まとめ

人の病気や老化の根本原因となっているのは、活性酸素です。
その活性酸素には善玉と悪玉があり、水素水は悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルのみと結合して排出してくれます。

悪玉活性酸素が引き起こす病気の数々

2016-06-29

水素水は体内に生じてしまう活性酸素の中でも、ヒドロキシルラジカルを筆頭に悪玉活性酸素と結合して、体外へと排出すると言われています。

ただ、活性酸素ってそんなに体に悪さをするものなの?という疑問をお持ちの方も少なくありません。
シワやシミなど美容に悪いだけで、健康的にはあまり影響がないだろうなんて甘く見ている方もいらっしゃるのです。

ここでは、悪玉活性酸素が引き起こす病気の数々について紹介していきましょう。

さまざまなジャンルの病気の要因になっている

活性酸素が起こってしまう病院の研究論文は、非常に多く発表されています。
例えば、循環器系では、動脈硬化や心筋梗塞。
脳神経であれば、難病と言われているパーキンソン病や社会問題になっている認知症など。

更に現代医療では、なかなか改善が出来ないとされているアトピー性皮膚炎やリウマチ、花粉症や歯周病なども、活性酸素がその大きな要因だと言われているのです。

活性酸素が要因の病気を全て挙げていくと本当にキリがなくなるほどに、現代人を悩ませている多くの病には、活性酸素が関わっています。

病気の要因の90パーセントが活性酸素だった

そもそも活性酸素に関しての研究は、1960年台にアメリカの生物学者であるフリードリッヒ博士によって研究がされ、論文が発表されました。
実に50年以上、世界中の研究者などが研究を重ねてきたわけですが、その結果、病気と呼ばれるものの9割の要因となっているのが、活性酸素であるという結論が出されているのです。

だから、全てを挙げていってもキリがないと言ったわけですが、そもそも人間が呼吸をして生きている以上、避けることが出来ないのが活性酸素の発生だと言われていますから、当然といえば当然でしょう。

ちなみに残りの1割は何が要因なのかといえば、結核などの何かしらのウィルスが体内に入って起こるいわゆる感染症になります。

体質そのものを変えてくれる水素水

そもそも私達の体というのは、60兆個とも言われる細胞で形成されています。
健康体というのは、細胞の一つ一つが元気であるということです。

活性酸素が発生すると、細胞を酸化させてしまい、それがどんどんと進行して病気になっていってしまいます。
これが当たり前になってしまうと、それはもはや体質になるわけで、風邪をひきやすいとか、怪我をしやすい厄介な環境の出来上がりです。

水素水は、飲むことによって酸化がしにくい体質に変えることが出来ます。

まとめ

現代の病気と呼ばれる9割の要因は、活性酸素であり、水素水は体質そのものを健康体質に変えてくれるため、美容はもちろん、健康にも効果があると言われています。

開封をしたら一気に飲む

2016-06-29

水素水は、一般的なミネラルウォーターと同様に非常に長い期間保存することが可能で、いつでも飲めば効果が得られると思っていらっしゃる方が多いものです。

しかしながら、水素水を飲み、その驚異のパワーの恩恵に預かるためには、ちょっとしたポイントを押さえておく必要があります。
それは開封をしたら、一気に飲むことです。

ここでは、水素水は開封したら早めに飲み切るべきかについて紹介しましょう。

水素水のパワーを得たいなら

水素水は医薬品ではありません。
ですから、飲み合わせがどうこうであるとか、一度の服用量がどのくらいといった制限はありません。

好きなだけ飲んだとしても副作用などもなく、副作用などはありません。
ただし、一つだけ守らなければならないルールがあります。

それは一度開封したら、2時間から3時間の内に飲み切ること。
アルミパウチの容器でも開封してしまうと、どんどんと水素が抜けてしまいます。

ちびちび飲んでも効果が期待出来ない

水素水の第一人者である太田成男教授も、一度に沢山の水素水を飲んだ方が効果が高いと発表しています。
理由は、遺伝子のスイッチを入れてくれるからだそうで、1日300mlから500mlを開封したら、その時に一気に飲み干すことで効果があると言われているのです。

水素が抜けてしまったら、ただの水にしか過ぎません。
ですから、水素がしっかりと含有されている内に飲んでしまうのがベターというわけです。

だからこそ、開封した時に飲み干せる分量の水素水を選ぶべきであり、開封したら2時間内に数回に分けてでも飲み干すべきなのです。

水素水を飲むべきタイミング

サプリメントや薬のように、朝晩二回だとか、就寝前といった義務付けられたタイミングは水素水にはありません。
しかしながら、活性酸素を除去してくれる飲料ですから、活性酸素が増えている状態に飲むのがベターです。

例えば、疲れていて疲労が蓄積していると感じた時。
他にもなんだか体調が思わしくないなと思われるタイミング。
また、スポーツの直後。

風呂あがりなんてものでも良いでしょう。
ストレスを高く感じているタイミングでの摂取もオススメです。

こういった飲むタイミングを工夫することで、想像以上の効果を実感出来るのです。

まとめ

水素水は医薬品ではないため、飲む分量やタイミングなどには制限はありません。
ただ一つ守ってほしいのは、開封をしたのならば、一気に飲み干すこと。

タイムリミットは2時間前後で、これを超えると水素が抜け、ただの水になりかねないので注意です。

« Older Entries
Copyright© 2010 ウォーターサーバーはなぜ便利と言われているのか!その理由を調査してみました All Rights Reserved.