Archive for the ‘水素水について’ Category

水素水と薬事法

2016-06-29

水素水は、医師なども実際に治療の一環として利用されているものですが、薬とはまだ認められていない状況です。
これは多くのサプリメントや健康食品などでもそうなのですが、いくら高い効果を挙げ、爆発的にヒットしている商品でも、簡単に薬とは認められないのが日本の国のルールです。

ここでは水素水と薬事法の規制について紹介をしていきましょう。

薬事法で表現を規制されている

いくら太田成男教授が世界的に評価されている研究者で、水素水の効果が実証されていても、薬品として許可されていない商品である場合、具体的な効能などを宣伝などで表記することは禁止されています。

これが薬事法と呼ばれるもので、例えばこのサプリメントを摂取すれば、肩こりがすっきりと治るといった具体的な部位を挙げて宣伝したり、糖尿病や成人病が治るといった表現も出来ません。

健康に良いとか、すっきりとした毎日が送れるという表現であれば、問題ないのですが、薬品として認められていない以上、具体的な表現が使えないのです。

水素水が疑われるのは薬事法も関連している

水素水は薬品ではありません。
あくまでも食品になりますから、例えば研究結果で糖尿病の改善データが存在し、実証されていたとしても、それを表記することは出来ないことになっているのです。

この薬事法の影響によって、水素水がイマイチ信用されておらず、他の劣悪な健康食品と一緒くたにされてしまっているのです。
これは研究段階のものと、薬品として許可をされるものとでは、厳密さなどが違ってきます。

成功データもより多く求められますし、更に厚生労働省などの第三者機関が徹底的に調査をして、始めて許可が下りるのです。
水素水は、数多くの研究結果が出されていますし、無限の可能性を秘めてはいるものの、まだ薬ではないので、明確な効果の表記が出来ないのです。

一部の食品は効能を明記出来る

薬品として認められている以外にも、一部の食品では、効果を表記しても良いということになっています。
それは食品衛生法によって認められているものです。

食品衛生法の中でも、特別なカテゴリーなのは、トクホと呼ばれる特定保健用食品。
そして機能性表示食品です。

しかしながら、審査や申請に巨額のコストが掛かるため、水素水はトクホにも機能性食品にも許可を取ることは目指さないようです。

まとめ

水素水がイマイチ眉唾ものと思われているのは、まだ薬品としては認められていないため。
薬事法によって、いくら研究結果が出ていても、特定の効果を表現出来ないことになっています。

無限の可能性を秘め、研究結果は出ているものの、審査が厳しくまだ研究段階のため、薬品としての申請を行う段階ではないと言われているのです。

水素水の取り組み

2016-06-29

水素水は、何も民間療法的に広がった眉唾ものの健康法ではありません。
しっかりとした水素医療というジャンルを確立しており、新しい医療のアプローチとして、第一人者である太田成男教授を筆頭に、さまざまな研究者が医療の分野に役立てようと研究している状況です。

ですから、ただのブームではなく、医師の間でも水素水が広がっています。
ここでは、生活習慣病に対しての水素水の取り組みについて紹介していきましょう。

個人クリニックの自由診療枠で

水素水の効果は、世界的にも有名なアメリカのネイチャー・メディシンに掲載され、世界中の医療関係者に衝撃を与えました。
この結果、世界中の医師が、治療に水素水を使い始めています。

ただ、まだまだ保険診療は適用されていない状況ですから、自由診療の枠で水素水を使っているようです。
例えば、糖尿病や動脈硬化。
心筋梗塞や脳梗塞、更にメタボリック症候群などの生活習慣病に対して用いられることが多いです。

水素は非常に小さな分子ですから、大きな臓器はもちろん、脳幹などの小さな器官も関係なく、全ての細胞に対してアプローチをしてくれるため、医師の間でも画期的な医療法と話題になっています。

水素水を飲むことで規則正しい生活を意識

水素水を購入するにも、生成して飲用するにも、自らの意思で行う必要があります。
つまり、美容目的であろうと、健康目的であろうと、当人の前向きな意思が不可欠です。

水素水を勧められ、始めることで、生活習慣病特有の飲酒や喫煙の習慣。
運動不足や暴飲暴食に関しても、改善をしようと前向きになる場合がありますから、自由診療の枠でも水素医療を勧めるドクターが多くなっているのです。

生活習慣病ばかりではない

生活習慣病ばかりではなく、現代病といわれている、現代人を悩ませているアレルギー症状の緩和や、成人病と呼ばれているものにも、良いアプローチをしてくれます。

ドクターの多くが水素医療を勧めるのは、まずドラッグストアなどでも、簡単に水素水を手に入れることができ、手軽に行える治療方法だからです。

コストも驚くほどに高いとは言えませんし、市販薬を定期的に購入していると思えば、とってもコストは安く済みます。

まとめ

水素水は、過去にあった健康法のように民間療法的に広がったものではなく、アカデミックな裏付けがある健康法です。
そのため、現在では、保険は適用されないものの、自由診療の枠で世界中のドクターが水素医療を行っている状況。

手軽さと何より現代人を悩ませている生活習慣病などに素晴らしいアプローチを行ってくれると医療分野でも話題になっています。

水素水の第一人者

2016-06-29

水素水ってなんだか胡散臭い。
有名人から一般人まで、沢山の方が飲用し、絶賛しているものであるにも関わらず、流行りモノは嫌いだとか、頭ごなしに信用出来ないなんてことを言う方は未だに存在していますね。

水素水は、れっきとしたアカデミックなもので裏打ちされた医学的な根拠のある健康食品(飲料)です。
こういった方のために、ここでは水素水の第一人者である太田成男教授について紹介していきましょう。

太田成男教授の経歴

水素水の第一人者と言われている太田成男教授は、1951年福島県生まれで、還暦を過ぎながらも第一線級で活躍されている医学者です。

東京大学理学部を経てから、東京大学大学院薬学系研究科の博士課程を修了。
これだけでも、太田教授が胡散臭い経歴の持ち主ではなく、れっきとした医学者であることが分かるでしょう。

現在は、日本医学大学大学院医学研究科の教授という肩書きです。

水素水だけではない

太田教授がそもそも医学会はもちろん世間に注目を浴びたのは水素水ではありません。
ミトコンドリア研究の第一人者として、世界中に衝撃を与えました。

認知症の改善に一役買ってくれるとして、ミトコンドリアが一躍注目を浴びたわけですが、そのミトコンドリアの研究過程で水素水が影響を与えるということで、水素水の研究も始めました。

そして、ミトコンドリアの効果も超越してしてしまうような驚くべき効果があることを知り、それを論文として発表し、再び世界中を驚かせることになったのです。

こういった様々な研究成果で世界中を驚かせ、太田教授の後にも世界中の研究者が水素についての研究を行っている状況ですから、決して怪しいものではないということが分かったことでしょう。

臨床論文がぞくぞくと発表されている

水素水の研究は、既に水素医学というジャンルになり、実際に多くの臨床研究が行われています。
それらの臨床論文もぞくぞくと発表されており、2016年3月の時点では、2型糖尿病、放射線治療の副作用の軽減。
慢性B型肝炎や慢性腎不全。
脳虚血や乳酸血症、静動脈改善といった19もの臨床論文が発表され、その効果の高さが実証されているのです。

まとめ

水素水は、水素医学という一つの医療ジャンルになっており、効果が本当に現れるのかどうか分からない眉唾なサプリメントや健康食品とは違うということです。

そしてその第一人者は、日本医学大学大学院医学研究科の太田成男教授であり、水素水のみならず、ミトコンドリア研究で実績を残している素晴らしい人物なのです。

Newer Entries »
Copyright© 2010 ウォーターサーバーはなぜ便利と言われているのか!その理由を調査してみました All Rights Reserved.