不治の難病にも水素水が有効?

2016-06-29

水素水が有効だと言われていますが、難病と言われるパーキンソン病にも有効であるとされているのは、ご存知でしょうか。
生活習慣病など、生活習慣を改善すれば改善できたり、他のサプリメントや健康食品などでも、十分に改善出来るようなものだけに有効だと勘違いしている方も未だに多いもの。

ここでは、不治の難病にも水素水が有効と題して、パーキンソン病治療に水素水が用いられている現状を報告しましょう。

パーキンソン病とは

パーキンソン病ってそもそも何?と思っている方もいらっしゃることでしょう。
パーキンソン病は、手が震えたり、動きが遅くなったり、体のバランスが悪くなり、歩行困難になったり、筋肉そのものが硬くなって萎縮してしまうなどの運動障害が出てきます。

他にも睡眠障害で眠れなくなったり、便秘や頻尿を引き起こす。
更に幻覚や妄想を見たり、認知障害が出るという恐ろしい病気です。

パーキンソン病は遺伝子が原因と言われていますが、その多くは未だに解明されておらず、治療方法も確立されていない難病です。
10万人に100人から150人がこの疾患を抱えていると言われており、主に50代から65歳のタイミングで発症するケースが多いと言われています。

パーキンソン病のメカニズム

パーキンソン病は、脳の黒質という部分にある神経細胞が減少してしまうことによって引き起こされます。

この神経が働く時には、ドーパミンという物質が出されるのですが、これも減少してしまうため起こるのです。
ドーパミンは、人間の運動の仕組みを調整するために必要な物質ですから、パーキンソン病に掛かってしまうと、自然と手が震えだしたりといった運動障害が主に見られるわけです。

パーキンソン病治療のパイオニアが治療に用いている

水素医療をパーキンソン病に用いている医療機関は多いですが、日本におけるこの疾患のパイオニア的存在と言われているのが、順天堂大学です。

順天堂大学の頼高朝子准教授が、水素水の濃度は1.6ppmで1日1リットルの量を実際の患者さんに与えたところ、効果がありという結果が出され、現在では、より規模を大きくした研究を行っている状況です。

このように、発症原因の多くが謎であり、治療方法も確立されていない難病と言われている疾患にも、水素水は有効だということです。

まとめ

水素水は、難病と言われるパーキンソン病の治療にも用いられており、日本のパーキンソン病治療のパイオニア的存在である順天堂大学でも実際に治療方法の一つとして用いられています。

関連記事

Copyright© 2010 ウォーターサーバーはなぜ便利と言われているのか!その理由を調査してみました All Rights Reserved.