放射線の害と水素水の関係

2016-06-29

水素水の中でも注目されている効果が、放射線の害に有効であるということです。
放射性物質といえば、特殊なエネルギーを持っているのは皆さんご存知のことでしょう。

ただし、漠然と怖いものというイメージがあるだけで、どのような影響を与えるのかは詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
ここでは、放射線の害と、水素水の関係について紹介していきましょう。

放射線って何が怖いの?

放射線は、前述にもある通り、特別なエネルギーを持っています。
歴史などの授業で、第二次対戦の際に原子爆弾を落とされ、そこで放射能や放射線というものを知ったりするのですが、ワードは知れても、どういったものかは分からない方が多いのではないでしょうか。

放射線を浴びることを被ばくするといいますが、簡単にいえば、体内に起こる重度の火傷のようなものと考えて下さい。
一般的な火傷の場合、皮膚の表面に水ぶくれが出来たり、ただれてしまうのですが、被ばくの場合には、内側から細胞レンベルで侵されてしまうことになるのです。

体内の細胞はもちろん、DNAまで破壊されてしまうため、当然、確実に死に至ってしまいます。

DNAが破壊されてしまうと…

前述にある通り、放射線を浴びても、表面上は、とくに変化がないという状態であることは珍しくありません。
しかしながら、体の中でDNAが破壊されてしまえば、細胞分裂をすることが一切出来なくなります。

DNAは細胞の設計図になりますから、それを失った細胞は、細胞分裂の仕方がわからなくなり、数日の内にどんどんと死んでいくことになります。

結果として、皮膚や粘膜。
更に血液などは、数日から数週間の内に死んでしまうことになり、死に至るわけです。

水素水が利用されている

放射線が細胞を破壊するのは、ヒドロキシルラジカルを大量発生させるからと言われています。
そこで注目されたのが、ヒドロキシルラジカルを排出してくれる水素水。

実際の医療現場でもすでに水素水は用いられており、抗がん目的での放射線治療の副作用を緩和する。
他にも宇宙などでの人体保護などにも使われているのです。

特にさまざまなメディアでも発信されているため、ご存知の方も多いですが、放射線治療の副作用の分野では、かなり重宝されているのです。

まとめ

言葉は知っていても、内容までは知らない放射線の害は、細胞が内側から破壊されること。
DNAが破壊されてしまえば、設計図を失った肉体は、ほんの数週間で死んでしまう。

その破壊の方法がヒドロキシルラジカルの発生で、これを排除してくれる水素水は、放射線治療の副作用緩和目的などで、すでに医療現場で利用されています。

関連記事

Copyright© 2010 ウォーターサーバーはなぜ便利と言われているのか!その理由を調査してみました All Rights Reserved.