活性酸素には種類がある

2016-06-29

水素水ライフをスタートしようとする場合、やはりちょっとの知識を有しておくことは大事なことです。
なぜならば、こういったブームに便乗して、水素水と名乗ることもはばかられるような悪質な商品も存在しているからです。

水素水は活性酸素を中和して、体外へと排出してくれる働きを持っていると言われていますが、活性酸素といっても、復数の種類があるのをご存知でしょうか。

まだまだ研究途中である水素水ですから、商品紹介でも沢山の専門用語が飛び交っています。
その一つが、抗酸化特性と呼ばれるもの。
ここでは抗酸化特性について紹介していきましょう。

酸化の原因は活性酸素だが…

体が酸化(サビ)する原因というのは、人間が生きていくためにどうしても生じてしまう活性酸素が要因と言われています。
この活性酸素というのは、全てが何も体を酸化させるものではないのです。

体のために一生懸命働く活性酸素なのですが、ただ酸化さあせるパワーが桁外れで、殺菌作用が強いということで、正常な細胞にもダメージを与えてしまう。
だから酸化してしまうのです。

老化に導く悪玉活性酸素

前述にある通り、ウィルスなどを除去してくれる活発な酸素が、活性酸素なのですが、復数の活性酸素が存在しています。
それでは、どの活性酸素が体をサビさせてしまうのでしょうか。

それは悪玉活性酸素と呼ばれるもので、その筆頭がヒドロキシルラジカルです。
従来の抗酸化物質は、ヒドロキシルラジカルはもちろん、体の役に立っている善玉でも無差別に攻撃をしてしまっていたため、胃腸などに負担を掛けてしまっていました。

しかし水素水は、悪玉活性酸素だけと吸着し、水となって体外に排出してくれるので安心です。

どこにでも入っていける

水素は宇宙一小さな分子です。
ですから、体内におけるどんな物質よりも当然に小さい。
ですから、脳なども含めて、体内のどこにでも入っていくことができ、発生しているヒドロキシルラジカルをみつけ、吸着して排出してくれるのです。

更にいえば、例えば肩こりがひどい場合には、肩周りの細胞にヒドロキシルラジカルが大量発生しているということ。
水素水は、ヒドロキシルラジカルが大量に発生している場所だけを狙い撃ちしてくれるので、さまざまな健康効果が副作用なく得られるのです。

まとめ

水素水は従来の抗酸化物質とは違い、体を酸化させる要因である悪玉活性酸素のみをターゲットにして結合し、除去してくれます。

こちらからしてみると、非常に都合が良い物質と思うでしょうが、まさしくその通りなのです。

関連記事

Copyright© 2010 ウォーターサーバーはなぜ便利と言われているのか!その理由を調査してみました All Rights Reserved.