最近よく見かける水素水ダイエット

2016-06-29

水素水はアンチエイジングなどの美容面や、糖尿病の治療など、健康面では高い効果があると言われてきました。
しかしながら、最近見かけるのは、「水素水ダイエット」なんてもの。

何でもかんでも水素水を飲めば、効果があるなんて嘘くさいと思われる方も多いと思います。
ここでは水素水でダイエット効果は期待出来るのかについて紹介していきましょう。

動物実験では成果が出ている

糖尿病予防に効くということは、ダイエットにも期待出来るのではないか。
これは至極当然の発想と言えるでしょう。

なぜならば、糖尿病の要因の一つに肥満が挙げられるからです。
実際にこのような発想で研究を進めた学者がマウスを使ってじっけんしたところ、体脂肪血や中性脂肪の値。
そして血糖値などの数値が下がり正常化したと報告されています。

結果として、基礎代謝も上がり、同じような運動量でも、消費カロリーが増えるわけですから、自然と痩せていくということが人間においても同様に期待できるというわけです。

活性酸素を除去する以外の力

水素水といえば、体内の悪玉活性酸素を体外へ排出してくれるため、酸化をさせることなく、健康体を維持できるというものでした。
これは、多くのコンテンツでも説明されていますし、有名ですね。

ただダイエット効果の場合には、ちょっとメカニズムが違っています。
活性酸素を除去したところで、体脂肪血が減ることはありませんし、基礎代謝も上がりません。

これは水素のもう一つのパワーであるカンゾウから分泌されるホルモンを増やすということが大きな要因になっています。
なぜホルモン分泌が増えるのかは、遺伝子の調整スイッチを入れてくれる力が水素にあるからだと言われているのです。

アスリートなどは実際に利用している

人間ではどうかというのは、水素水とサビない身体という第一人者である太田成男教授の本の39ページに紹介されていますから、詳しく知りたい方は、それを参考にしてもらうとして、実際にアスリートでもすでに水素水を使っている方が多くいらっしゃいます。

水素水を飲んだ場合、脂肪代謝が盛んになることから、疲れにくい身体を手に入れることができ、結果として、パフォーマンスレベルが上がると言われています。

まとめ

水素水はダイエットの分野でも有効です。
主な効果としては、体脂肪血を下げたり、基礎代謝をあげる効果があるのですが、これは水素が持っているもう一つのパワーである遺伝子のスイッチを入れる働きによるものだと言われています。

関連記事

Copyright© 2010 ウォーターサーバーはなぜ便利と言われているのか!その理由を調査してみました All Rights Reserved.