水素医療というジャンル

2016-06-29

水素水は、他の怪しげな民間療法などとは違い、しっかりとした研究がベースになって広まったものです。
水素医療というジャンルは確立しているものの、まだ保険適用の治療などまでは至っていないため、まだまだ民間療法の域を抜けていないのはそのためです。

しかしながら、現在では、多くの医師が治療の一つとして水素水を利用している状況です。
特に利用されているのが糖尿病を持っている方への治療です。

ここでは糖尿病と水素水について紹介していきましょう。

糖尿病とは

糖尿病の治療として、主に水素水は用いられており、実際に多くの医療期間でも、勧められている治療方法になります。
そもそも、糖尿病とはどんな病気なのでしょうか。

簡単にいえば、血糖値が上昇する病気です。
血中のブドウ糖濃度が上昇してしまい、尿中にまで排出されてしまうという病気になります。

主な症状としては、喉が乾くため大量に水を飲んでしまう。
結果として、頻繁に排尿をしてしまう。

この段階を超えると、昏睡状態にまで陥ります。
更に合併症が厄介です。
手足がしびれるといった神経障害が起こったり、失明の恐れもあり、アルツハイマーなども発症しやすくなってしまいます。

糖尿病のそれ自体は、そこまで深刻な症状がないので、甘く見えていると、このような合併症を引き起こすのです。

糖尿病の要因

糖尿病になってしまうのには理由があります。
まずは遺伝です。
これはどうしようもないことですが、それでも日々の食生活や生活習慣などを気をつけることによって発症を防ぐことも出来ます。

後は肥満や運動不足。
そして喫煙や飲酒などと言われていますから、こういった習慣を改善していくことで、発症を予防することが出来るのです。

治療方法としては、大抵の医師が食事療法と運動療法によって改善しようとします。
ひどい場合には、血糖降下薬という閉口薬が処方され、それでもダメならインスリン注射といった段階になるのです。

水素水が有効な理由

糖尿病が分かったところで、水素水がなぜ有効なのか。
細かな話をすると難しくなるので、簡単に説明しますが、要は血糖値の調整をしているインスリンの分泌量を高めてくれるのです。

インスリンはすい臓のある器官から分泌されるのですが、活性酸素が発生すると、それが弱ってしまう。
水素は活性酸素を除去してくれるので、有効だというわけです。

まとめ

実際の医療機関でも、水素水は糖尿病の治療として、積極的に採用されています。
メカニズムはインスリンを出しているすい臓の活性酸素を除去してくれ、インスリンの分泌を正常化することによって、血糖値を安定させることができるからです。

関連記事

Copyright© 2010 ウォーターサーバーはなぜ便利と言われているのか!その理由を調査してみました All Rights Reserved.