水素水の取り組み

2016-06-29

水素水は、何も民間療法的に広がった眉唾ものの健康法ではありません。
しっかりとした水素医療というジャンルを確立しており、新しい医療のアプローチとして、第一人者である太田成男教授を筆頭に、さまざまな研究者が医療の分野に役立てようと研究している状況です。

ですから、ただのブームではなく、医師の間でも水素水が広がっています。
ここでは、生活習慣病に対しての水素水の取り組みについて紹介していきましょう。

個人クリニックの自由診療枠で

水素水の効果は、世界的にも有名なアメリカのネイチャー・メディシンに掲載され、世界中の医療関係者に衝撃を与えました。
この結果、世界中の医師が、治療に水素水を使い始めています。

ただ、まだまだ保険診療は適用されていない状況ですから、自由診療の枠で水素水を使っているようです。
例えば、糖尿病や動脈硬化。
心筋梗塞や脳梗塞、更にメタボリック症候群などの生活習慣病に対して用いられることが多いです。

水素は非常に小さな分子ですから、大きな臓器はもちろん、脳幹などの小さな器官も関係なく、全ての細胞に対してアプローチをしてくれるため、医師の間でも画期的な医療法と話題になっています。

水素水を飲むことで規則正しい生活を意識

水素水を購入するにも、生成して飲用するにも、自らの意思で行う必要があります。
つまり、美容目的であろうと、健康目的であろうと、当人の前向きな意思が不可欠です。

水素水を勧められ、始めることで、生活習慣病特有の飲酒や喫煙の習慣。
運動不足や暴飲暴食に関しても、改善をしようと前向きになる場合がありますから、自由診療の枠でも水素医療を勧めるドクターが多くなっているのです。

生活習慣病ばかりではない

生活習慣病ばかりではなく、現代病といわれている、現代人を悩ませているアレルギー症状の緩和や、成人病と呼ばれているものにも、良いアプローチをしてくれます。

ドクターの多くが水素医療を勧めるのは、まずドラッグストアなどでも、簡単に水素水を手に入れることができ、手軽に行える治療方法だからです。

コストも驚くほどに高いとは言えませんし、市販薬を定期的に購入していると思えば、とってもコストは安く済みます。

まとめ

水素水は、過去にあった健康法のように民間療法的に広がったものではなく、アカデミックな裏付けがある健康法です。
そのため、現在では、保険は適用されないものの、自由診療の枠で世界中のドクターが水素医療を行っている状況。

手軽さと何より現代人を悩ませている生活習慣病などに素晴らしいアプローチを行ってくれると医療分野でも話題になっています。

関連記事

Copyright© 2010 ウォーターサーバーはなぜ便利と言われているのか!その理由を調査してみました All Rights Reserved.