Archive for the ‘水素水について’ Category

不治の難病にも水素水が有効?

2016-06-29

水素水が有効だと言われていますが、難病と言われるパーキンソン病にも有効であるとされているのは、ご存知でしょうか。
生活習慣病など、生活習慣を改善すれば改善できたり、他のサプリメントや健康食品などでも、十分に改善出来るようなものだけに有効だと勘違いしている方も未だに多いもの。

ここでは、不治の難病にも水素水が有効と題して、パーキンソン病治療に水素水が用いられている現状を報告しましょう。

パーキンソン病とは

パーキンソン病ってそもそも何?と思っている方もいらっしゃることでしょう。
パーキンソン病は、手が震えたり、動きが遅くなったり、体のバランスが悪くなり、歩行困難になったり、筋肉そのものが硬くなって萎縮してしまうなどの運動障害が出てきます。

他にも睡眠障害で眠れなくなったり、便秘や頻尿を引き起こす。
更に幻覚や妄想を見たり、認知障害が出るという恐ろしい病気です。

パーキンソン病は遺伝子が原因と言われていますが、その多くは未だに解明されておらず、治療方法も確立されていない難病です。
10万人に100人から150人がこの疾患を抱えていると言われており、主に50代から65歳のタイミングで発症するケースが多いと言われています。

パーキンソン病のメカニズム

パーキンソン病は、脳の黒質という部分にある神経細胞が減少してしまうことによって引き起こされます。

この神経が働く時には、ドーパミンという物質が出されるのですが、これも減少してしまうため起こるのです。
ドーパミンは、人間の運動の仕組みを調整するために必要な物質ですから、パーキンソン病に掛かってしまうと、自然と手が震えだしたりといった運動障害が主に見られるわけです。

パーキンソン病治療のパイオニアが治療に用いている

水素医療をパーキンソン病に用いている医療機関は多いですが、日本におけるこの疾患のパイオニア的存在と言われているのが、順天堂大学です。

順天堂大学の頼高朝子准教授が、水素水の濃度は1.6ppmで1日1リットルの量を実際の患者さんに与えたところ、効果がありという結果が出され、現在では、より規模を大きくした研究を行っている状況です。

このように、発症原因の多くが謎であり、治療方法も確立されていない難病と言われている疾患にも、水素水は有効だということです。

まとめ

水素水は、難病と言われるパーキンソン病の治療にも用いられており、日本のパーキンソン病治療のパイオニア的存在である順天堂大学でも実際に治療方法の一つとして用いられています。

放射線の害と水素水の関係

2016-06-29

水素水の中でも注目されている効果が、放射線の害に有効であるということです。
放射性物質といえば、特殊なエネルギーを持っているのは皆さんご存知のことでしょう。

ただし、漠然と怖いものというイメージがあるだけで、どのような影響を与えるのかは詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
ここでは、放射線の害と、水素水の関係について紹介していきましょう。

放射線って何が怖いの?

放射線は、前述にもある通り、特別なエネルギーを持っています。
歴史などの授業で、第二次対戦の際に原子爆弾を落とされ、そこで放射能や放射線というものを知ったりするのですが、ワードは知れても、どういったものかは分からない方が多いのではないでしょうか。

放射線を浴びることを被ばくするといいますが、簡単にいえば、体内に起こる重度の火傷のようなものと考えて下さい。
一般的な火傷の場合、皮膚の表面に水ぶくれが出来たり、ただれてしまうのですが、被ばくの場合には、内側から細胞レンベルで侵されてしまうことになるのです。

体内の細胞はもちろん、DNAまで破壊されてしまうため、当然、確実に死に至ってしまいます。

DNAが破壊されてしまうと…

前述にある通り、放射線を浴びても、表面上は、とくに変化がないという状態であることは珍しくありません。
しかしながら、体の中でDNAが破壊されてしまえば、細胞分裂をすることが一切出来なくなります。

DNAは細胞の設計図になりますから、それを失った細胞は、細胞分裂の仕方がわからなくなり、数日の内にどんどんと死んでいくことになります。

結果として、皮膚や粘膜。
更に血液などは、数日から数週間の内に死んでしまうことになり、死に至るわけです。

水素水が利用されている

放射線が細胞を破壊するのは、ヒドロキシルラジカルを大量発生させるからと言われています。
そこで注目されたのが、ヒドロキシルラジカルを排出してくれる水素水。

実際の医療現場でもすでに水素水は用いられており、抗がん目的での放射線治療の副作用を緩和する。
他にも宇宙などでの人体保護などにも使われているのです。

特にさまざまなメディアでも発信されているため、ご存知の方も多いですが、放射線治療の副作用の分野では、かなり重宝されているのです。

まとめ

言葉は知っていても、内容までは知らない放射線の害は、細胞が内側から破壊されること。
DNAが破壊されてしまえば、設計図を失った肉体は、ほんの数週間で死んでしまう。

その破壊の方法がヒドロキシルラジカルの発生で、これを排除してくれる水素水は、放射線治療の副作用緩和目的などで、すでに医療現場で利用されています。

老化と病気の根本的な原因

2016-06-29

水素水が注目された理由は、その高い抗酸化力があるからです。
抗酸化作用は、老化を防ぐ作用として注目されており、アンチエイジングの分野で活用出来ないかと利用してみたわけです。

最初の内は、コスメ業界などで話題になりましたが、よくよく調べてみると、病気などにも効力があるということで、一気に注目が集まるようになりました。

アンチエイジングに効果が高いと言われていますが、そもそも老化と病気の根本的な原因というのは、どのようなものなのでしょうか。

老化や病気の根本原因

老化や生活習慣病、成人病といったものの多くの要因となっているのは、活性酸素だと言われています。
水素は中学生や高校生で習うものですし、酸素も同様でしょうが、活性酸素というものは、学ぶことがなかったと思います。

この活性酸素は、人間が生命活動を行っていく以上、どうしても体内に発生してしまう副産物のようなものです。
ただ、悪いことばかりではなく、外敵から体を守るといった重要な役割も担っているのです。

老化の原因である活性酸素って?

活性酸素と一口で言っても、様々なものがあり、酸素が非常に反応が高くなったものの総称になります。
特徴の一つとしては、酸化力がかなり高く、その威力は、鉄や銅などが錆びついてしまうように、体内にあるさまざまな器官を同じように劣化させてしまうのです。

活性酸素と呼ばれるものとしては、ヒドロキシルラ過酸化水素。
一重項酸素、そしてスーパーオキシドラジカルが代表的です。

この中で知っているのは、理科の実験で作った経験があるであろう過酸化水素だけではないでしょうか。
これほどの活性酸素が存在しているのです。

善玉と悪玉がある活性酸素

活性酸素といえば、一昔前までは、その全てが老化や病気を引き起こす悪いものとされていました。
しかし、現在では、血管の形成や精子の生成をするためにも、活性酸素はなくてはならないものとされているのです。

細胞ばかりを破壊しているわけではなく、特にスーパーオキシドラジカルと過酸化水素は、酵素を作り出したりといった肉体に必要なアクションを担ってくれています。
これらを善玉活性酸素と呼んでおり、これらの酵素を水素は吸着しません。

悪玉の代表格がヒドロキシルラジカルであり、水素水は何も体の役に立たないこのヒドロキシルラジカルのみと結合し、体外へと排出してくれるのです。

まとめ

人の病気や老化の根本原因となっているのは、活性酸素です。
その活性酸素には善玉と悪玉があり、水素水は悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルのみと結合して排出してくれます。

Newer Entries »
Copyright© 2010 ウォーターサーバーはなぜ便利と言われているのか!その理由を調査してみました All Rights Reserved.